スポンサードリンク


占いで今日も幸運をつかめ!

霊感占い

霊感占いの特徴といえば、占い師のインスピレーションだけで
占っていく方法です。

霊感占いはさまざまな占いの中でも、とても人気の高い占い方
法ですが、万人にお奨めできる占いとはいえません。

霊感占いは先天的にインスピレーションが鋭い方やある時期か
ら後天的に鋭くなった方と様々なようです。

霊感占いの占い方は占い師によりその手順や答えかたも違いが
あるようです。

まず目を閉じて集中することで言葉(言霊)や象徴的な物ある
いは風景などが頭の中に浮かんできたり、占う相手の「気」を
感じ、その印象で判断したり、何も喋ってなくても閃く占い師
もいれば話をしていくうちに波長が合い答えが出る人もいます。

占ってほしい内容を正確に伝えることにより、より詳しい答え
が得られるようですがこれにはお互いの相性も少なからず関係
しているようです。


posted by Classlow at 22:22 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占いで今日も幸運をつかめ!

占いを電話での相談


占いを電話で相談するメリットは、まず占い師側からすると自宅で仕事が出来るということがあります。


それに遠くにいる相談者も占うことができます。


電話で相談するため、相談者は他の相談者に顔を見られることもありませんし、待合室で待つこともありません。


自分が相談したい占い師が遠くにいても電話ですと相談ができます。


ですから全国で人気の高い占い師に鑑定してもらえるということも可能になります。


しかし、それは個人情報を契約によって守るということが第一条件ですね。


直接会って占ってもらうわけではないので正しく占ってもらえるのか不安ですが、そうしたことも独自に確立した調査組織により定期的なチェックがされていると、安心して、より高度な占いが期待できます。
posted by Classlow at 21:00 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占いで今日も幸運をつかめ!

四柱推命

今日は、四柱推命についてです。



四柱推命は、中国で発祥し数千年もの間に多くの人たちの研究
により纏め上げられた驚くべき的中率を持った統計学であると
いえます。



日本には、江戸時代の中期に伝えられたようです。



その人の生まれた干支を年柱、月柱、日柱、時柱という4つの
柱で分析して占っているため四柱推命と言われています。



占う日の干支、すなわち十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)と十二
支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)及び生まれた月からその日の
運勢が占えるというわけです。



また、四柱推命では、その人の性格、金銭運、健康運、仕事運
結婚運などから男女の相性、子供運、人生全般の運勢、年毎の
運勢など多彩な占いができるわけです。
posted by Classlow at 22:04 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占いで今日も幸運をつかめ!

占いのTV放送

占いのテレビ放送についてです。


まず、公開と非公開があるそうです。


テレビでの占いの良いところは、占いをしている様子を見ることが
でき、公開するかわりに占いの料金が安くなるということもありま
す。


もちろん相談する方の様子や会話はテレビを見ている他の人は分か
らないようになっています。


わざわざ出かけなくともいいので交通費もかかりません。


自宅でラフな服装でリラックスして占ってもらえるということもあ
ります。


公開での相談や待機中の占い師さんの生放送映像をみることでお気
に入りの占い師を選ぶことができます。


詳細プロフィールも詳しく、占い師さんのビデオメッセージもある
といういうことです。


占いのテレビは新しいかたちの占いの相談といえるでしょう。
posted by Classlow at 20:46 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占いで今日も幸運をつかめ!

四柱推命



この世の中は、五つの要素(木・火・土・金・水)によって出来あがっている、と古代中国の人々は考えました。

生年月日時の干支をそれぞれ年柱、月柱、日柱、時柱という4つの柱で分析し占うため 「四柱推命」と呼ばれています。

このように、高い的中率と細密さを誇る「四柱推命」ですが、そのおおもとは、陰陽五行(いんようごぎょう)の基本思想にあります。

『星』という文字は、『生』まれた『日』と書きます。つまり人の宿命は『生まれた日』ですべて決まるのです。

本来は年・月・日・時、それぞれに2つずつの干支文字があることから、八字という名称が正式です。

誕生時の暦の中に巡る十干十二支の要素から運命を占うのが四柱推命です。

自分の生まれた時間を正確に知っている方は非常に少ないでしょう。

干と支(もしくは干)の組み合わせから通変(変通星)を導き出して占うのが代表的です。

戦国時代(紀元前4〜3世紀頃)に五行学説が広まり、それが十干五行の占いの考え方の基礎であると考えられます。

四柱推命こそ、人生のもっとも重要なポイントを私たちにはっきり示してくれるモノなのです。

そうした意味では、中国の占術の中では比較的新しい占術と言えます。

あなたも四柱推命で前もって将来の気配を知り、人生に活かしてみませんか?
posted by Classlow at 15:56 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占いで今日も幸運をつかめ!

西洋占星術の特徴と歴史

西洋占星術の特徴は太陽や月、星などの運行を割り出しそれらを組み合わせてホロスコープと呼ばれる図にして過去や運命、性質などを占い、現在や未来の星の運行を割り出してそれらを組み合わせて判断し、バイオリズムや未来を占うのです。

日本でもっともポピュラーな占いの星占いはこの占術の一部の技法を使用したもので大変緻密で奥深い占法であらゆることを占うことができます。

その歴史は古くメソポタミア・エジプト・ギリシャなどの先人が研究し、その研究が元になったと言われています。

その技法はホロスコープを作り占うホラリー占星術や星座を360タイプに分けて占うサビアン占星術がありますが正統西洋占星術といわれています。

その方法はホロスコープをつくることから初めます。

ホロスコープにはすべての星が書かれており生まれた時の星の配置を調べて作りますが、すべての星を書き入れ星自体の位置の意味や星との位置関係から読み取り占います。
posted by Classlow at 22:26 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占いで今日も幸運をつかめ!

占いの起源

占いの起源はその占い方法で様々に違いがあるようです。


天体の運行や暦により占う方法は西洋の占星術ですが、東洋では道
教ですね。


たとえば、易は紀元前18世紀から12世紀までさかのぼるそうで、そ
して易となったのは殷代の終わりごろ(紀元前12世紀)周の文王
がそれまでの卜占を整理したのが起源となっているようです。


タロットの起源は14世紀ごろ、占星術の起源はメソポタミアで天体
運行の解釈に関してまとめられたのは紀元前10世紀頃ということです。


日本には道教として600年頃に伝わり、技術的な部分が陰陽道として
確立されたようです。


占星術の起源は、紀元前10世紀の頃とされており、この占いは天体
運行や暦が元になって占いますが、有名な西洋の占星術にくらべ東
洋では道教が占いの起源のようです。
posted by Classlow at 19:09 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占いで今日も幸運をつかめ!

占いでハッピーな恋愛を!

占いでハッピーな恋愛をしませんか?

恋愛占いの一つに九星気学という占いがあります。


この占いは明治時代の末期から大正時代に園田真次郎という人により創始されました。


この占いは家相や吉方位取りなどを占うときに使われていますが、九つの星を使い運勢を読み取る占いで、開運の技法です。


日本の風土にあったとてもポピュラーな占いとされています。


他には中国を代表する占いの四柱推命が有名ですね。


この占いは、生年、生月、生日、生時の干支を元に運命を占います。


西洋の占いでは当たらない内容までがしっかり出ると言われています。


恋愛はじっと待っていても良い縁はなかなか訪れませんね。


開運とは運を開くと書きますが、運は自分の力で開くものなのです。


そしてハッピーな恋愛をして幸せになりませんか。
タグ:占い
posted by Classlow at 23:02 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占いで今日も幸運をつかめ!

タロット占い

タロット占いとはどんな占いなでしょうか。

タロット占いはアルカナと呼ばれるカードを使い占います。

カードは小アルカナと呼ばれるカードと大アルカナと呼ばれる

カードがありそれぞれ56枚、22枚あり、計78枚を使って占いま
す。

普通は両方を使って占いますが小アルカナのみを使って占う占
いもあります。

まず、カードの向きがバラバラになるようにシャッフルします。

バラバラになるようにとは上下の向きが正しい時と上下が逆さま
の状態によりカードの意味が変わるために、より混ざるように
シャッフルした後にカードを切ることもあります。

そしてその中から数枚を引き机の上に並べます。

それぞれのカードに意味がありそのカードの絵柄がそれを表して
いるのです。

占う内容を具体的に絞り込んでおく必要があり、その結果カード
に描かれている光景を基にして意味を感じ取ることで占います。

posted by Classlow at 23:11 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占いで今日も幸運をつかめ!

九星気学

占いの一つである九星気学についてみてみます。

私達の周りには紫外線、赤外線、ガンマー線といった多くの電磁波や引力、重力、磁気などの宇宙からのエネルギーと地球のもつエネルギーなどがミックスされたエネルギーの波動があります。

自身が持って生まれた体内波動と自然界の波動がうまく調和したときは盛運エネルギーとなります。

反対に調和がとれないときは衰運エネルギーになります。

自然界の波動を方位といいますが、中国ではおよそ4千年前からその方位について経験と実証から法則を見いだして今日の方位学が出来上がりました。

決して無責任なものでなく、あくまでも統計を基に判断するものなので自然の巡りが良くなれば自分の回りもすべてが良くなるという占いといえるでしょう。

posted by Classlow at 13:11 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占いで今日も幸運をつかめ!

姓名判断の由来

姓名判断の由来をご存知でしょうか?

そもそも日本で 自分の名前を名乗るようになったのは明治に
入ってからのことです。

ですから姓名判断の占いは日本では比較的新しく、それに比べ
中国では漢字が出来た頃からこの姓名判断があったといわれて
います。

その占い方ですが、まず姓名の漢字のそれぞれの画数を出します。

それから姓の画数の合計、これを天格といいますが先祖運がわ
かります。

そして姓の一番下の漢字と名の一番初めの漢字の合計画数、こ
れを人格といいますが、性格や運勢などがわかります。

名の画数の合計、これを地格といいますが子供の頃の運勢がわ
かり、全ての画数の合計、総格で全体的な運勢を占うことがで
きます。

姓名判断は最も一般的な占いで自分自身の性格や傾向をはじめ
相手との相性も占うことができますが、その反面、未来を的確
に占うのは苦手とします。


posted by Classlow at 21:33 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占いで今日も幸運をつかめ!

紫微斗数(しびとすう)占い

近年、紫微斗数はその人気を急激に獲得しています。それはここ日本においても同様です。

紫微斗数占いは、命盤という盤を使って、ご自分の生年月日だけでなく、生まれた時間から一生の運命、さらに細かい項目の鑑定ができる、素晴らしいものです。

紫微斗数は、質問者の生年月日時をもとに、質問者の一生の運勢を判断する中国独特の占術です。

紫微斗数では占う事象毎に12宮を配し、その人の一生を詳細に鑑定します。

紫微斗数で鑑定に使用する各星の働きを説明するための物語と言って良いものですが、「封神演義」からSF的な面を除いたらそのまま「紫微斗数星占伝説」になるほど「封神演義」と酷似しています。その時代背景だけでなく、物語としての筋書きや主要な登場人物が全く同じという共通性があります。

この占いを利用するには、生時分、生地が明かであることが必要です。

大まかな占術の分類として、易やタロットのような偶然性を用いる方法をト術、占星術や四柱推命などの先天的要素(誕生日)によって全体的な運勢を占う占術を命術と呼んで区別します。

観相学や風水などの、環境によって大きく左右される占術は相術に分類されます。

紫微斗数推命術には、他の占いにない興味深い側面があります。

古来、中国には「西遊記」、「水滸伝」など、古くから人々に親しまれてきた古典がありますが、その一つに「封神演義(ホウシンエンギ)」という物語があります。

ただ複数の星の相関関係で判断しなければならないところは、四柱推命と同じで面倒です。

一般的に未来予知と混同されているが、伝統的な占いは対象者に示唆を与えるにとどまり、未来そのものを示すわけではない。

あなたの過去・未来を詳しく占う最強の占いがこれです。

ぜひ、みなさんも占ってみませんか。
posted by Classlow at 15:31 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。