スポンサードリンク


占いで今日も幸運をつかめ!

姓名判断の由来

姓名判断の由来をご存知でしょうか?

そもそも日本で 自分の名前を名乗るようになったのは明治に
入ってからのことです。

ですから姓名判断の占いは日本では比較的新しく、それに比べ
中国では漢字が出来た頃からこの姓名判断があったといわれて
います。

その占い方ですが、まず姓名の漢字のそれぞれの画数を出します。

それから姓の画数の合計、これを天格といいますが先祖運がわ
かります。

そして姓の一番下の漢字と名の一番初めの漢字の合計画数、こ
れを人格といいますが、性格や運勢などがわかります。

名の画数の合計、これを地格といいますが子供の頃の運勢がわ
かり、全ての画数の合計、総格で全体的な運勢を占うことがで
きます。

姓名判断は最も一般的な占いで自分自身の性格や傾向をはじめ
相手との相性も占うことができますが、その反面、未来を的確
に占うのは苦手とします。


posted by Classlow at 21:33 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。