スポンサードリンク


占いで今日も幸運をつかめ!

紫微斗数(しびとすう)占い

近年、紫微斗数はその人気を急激に獲得しています。それはここ日本においても同様です。

紫微斗数占いは、命盤という盤を使って、ご自分の生年月日だけでなく、生まれた時間から一生の運命、さらに細かい項目の鑑定ができる、素晴らしいものです。

紫微斗数は、質問者の生年月日時をもとに、質問者の一生の運勢を判断する中国独特の占術です。

紫微斗数では占う事象毎に12宮を配し、その人の一生を詳細に鑑定します。

紫微斗数で鑑定に使用する各星の働きを説明するための物語と言って良いものですが、「封神演義」からSF的な面を除いたらそのまま「紫微斗数星占伝説」になるほど「封神演義」と酷似しています。その時代背景だけでなく、物語としての筋書きや主要な登場人物が全く同じという共通性があります。

この占いを利用するには、生時分、生地が明かであることが必要です。

大まかな占術の分類として、易やタロットのような偶然性を用いる方法をト術、占星術や四柱推命などの先天的要素(誕生日)によって全体的な運勢を占う占術を命術と呼んで区別します。

観相学や風水などの、環境によって大きく左右される占術は相術に分類されます。

紫微斗数推命術には、他の占いにない興味深い側面があります。

古来、中国には「西遊記」、「水滸伝」など、古くから人々に親しまれてきた古典がありますが、その一つに「封神演義(ホウシンエンギ)」という物語があります。

ただ複数の星の相関関係で判断しなければならないところは、四柱推命と同じで面倒です。

一般的に未来予知と混同されているが、伝統的な占いは対象者に示唆を与えるにとどまり、未来そのものを示すわけではない。

あなたの過去・未来を詳しく占う最強の占いがこれです。

ぜひ、みなさんも占ってみませんか。
posted by Classlow at 11:07 | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。